企画書・提案書テンプレートの作り方

情報整理

As is /To be

As is /To beは、現在の状態(As is)と理想の状態をそれぞれ書き出し比較することで問題(ギャップ)を可視化するものです。 現状の問題を解決し、あるべき姿に近づけるためには問題を発見するところから始めなければなりません。そのために、まず現状と理想の状態を比較してギャップを明確にし、問題を特定していきます。

As is /To be

↑ PAGE TOP